個人パック

全 4 種

Agent or Enemy

“敵”は誰だ?

パックマスター:
へみょ

収録キャラ

一覧で見る (4)

ドキュメント

高水準知的研究者集団『クライアント』。
彼らは人類の知らない世界の何処かに研究所を構え、外宇宙調査の為の『人造エージェント』を産み出していた。
人造エージェントらは個人個人が『データベース』、つまり記憶や思考、感情を有しており、クライアントの命令の他、各々の意思で行動することができる。
彼らは世界の先駆者、そして優秀な人材となる予定だった。

────……ある日。
前日の夜から姿の見えなかった研究者の1人が、遺体となって発見された。
死因は鋭利な刃物による斬殺。遺体の見つかった場所は、人造エージェント達が暮らす棟、『サーバー』。
傷口の形状から、使用された刃物が人造エージェントに付属しているパーツであることが判明した。

研究者達が解析したところ、クライアントに恨みを抱く何者かが一部の人造エージェントに『エネミーパッチ』を埋め込んだということが判明した。
しかし、誰に埋め込まれたのか分からない上、このまま何の対処もせずに再び迂闊に近付いては二の舞となってしまう。
研究者達は審議の結果、サーバーを閉鎖し、中にいる人造エージェント同士で話し合わせ、パッチを埋め込まれた人造エージェント……『エネミー』を見つけ出させる、という手段を取った。

サーバーの扉は開かない。
正常なエージェント達がエネミーを全て破壊するか、あるいはエネミーがエージェントと同じ数になるまで……

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

*世界観:ファンタジー
昼は皆で話し合い、エネミーを見つけ出す。
夜はエネミーの襲撃に怯えながら眠る。
全てのエネミーがいなくなるまで、あるいはエネミーとエージェントの人数が同じになるまで。

*ストーリータイプ:一周完結型
自分の操作するキャラが何の役職を引くのか始まるまで分からない。
誰が何の役職かは毎回変わるので、繰り返し遊ぶことができる。

*概要
簡単に言えば創作人狼です。
人造エージェント達は皆目が発光してます。
エネミー時は赤目になります。

昼は全員での話し合いとその後の投票により、1人を破壊します。
夜は皆自室に戻りますが、エネミーは誰か1人を破壊しに行きます。
このサイクルを繰り返し、どちらかの勝利条件が満たされればゲーム終了となります。

役職とかはストーリーページの方へ!

役職一覧

2020/11/27 05:39

もっとみる(1)